« 第5S:6月2週@今日のリッキー厩舎 | Main | 第5S:6月3週@今日のリッキー厩舎 »

June 28, 2005

第5S:6月3週@今日の重賞予想

今日はエプソムC、ファルコンS、帝王賞が行われます。

では昨日の重賞成績。

<ユニコーンS・競争成績>
第5S:6月2週 ユニコーンS 競争成績
1着 アーデン(馬主:ジャングルファーム)
2着 ダブルキャスト(馬主:吉野家のかづ)
ペース:ややS
勝ち時計:1分36秒3(サーバーR)



勝ち時計の1分36秒3は従来のサーバーレコードを0.2秒更新する優秀な時計。
勝ち馬アーデンは少々展開に恵まれた事を考慮しても力の違いを見せ付けたと言って良いのでは無いだろうか。
今後はダート短中距離での活躍が見込めるのでチェックしておきたい。
2着馬ダブルキャストは勝ち馬に完敗も十分な能力を見せてくれた。
今後は相手次第で重賞制覇のチャンスも出てくるだろう。
人気のゼピュロス(馬主:碧色)は3着まで。
展開が向かなかった事を考慮しても少々期待外れだった。


<安田記念・競争成績>
第5S:6月2週 安田記念 競争成績
1着 ウエーヴ(馬主:ヴォーズ)
2着 ヘルコマンダン(馬主:医龍)
ペース:M
勝ち時計:1分31秒6



勝ち時計の1分31秒6は優秀。
勝ち馬ウエーヴは桜花賞に続くGⅠ連勝でマイル路線での強さを証明した。
秋も成長しているなら更なる活躍が見込めるだろう。
ただ、今回は勝ち馬よりも枠不利を克服して2着に突っ込んで来たヘルコマンダンの方が強い競馬をしていた。
まともな枠だったら勝ち馬との着順が入れ替わっていただろう。
今後、再戦する事があれば注目しておきたい。


<愛知杯・競争成績>
第5S:6月2週 愛知杯 競争成績
1着 ソリダスター(馬主:さー)
2着 アストライア(馬主:ちゃあ)
ペース:M
勝ち時計:1分57秒6



勝ち時計の1分57秒6は3歳馬のレベルを考えると重賞としては平均レベルだろうか。
勝ち馬ソリダスターは前走のプリンシパルSに続く連勝で重賞初制覇。
今後も芝中距離路線での活躍が見込めるが、一線級と戦うにはもう少し上積みが欲しい所。
2着馬アストライアも勝ち馬とは互角の能力。
こちらも今後一線級と戦うにはもう少し上積みが欲しい。
期待したグッバイガール(馬主:紅葉)は4着惨敗。
大逃げ気味のレースだったが敗因は何だったのだろうか…。


<北海道スプリントC・競争成績>
第5S:6月2週 北海道スプリングC 競争成績
1着 ダイニングメール(馬主:ここ)
2着 メタモルフォーズ(馬主:リッキー)
ペース:S
勝ち時計:0分57秒6(サーバーR)



勝ち時計の0分57秒6は最大限に展開が向いた事を考慮しても、従来のサーバーレコードを1秒1更新する優秀な時計。
勝ち馬ダイニングメールは主役不在の短距離路線の主役候補に踊り出たと言えるだろう。
秋まで能力落ちが無ければスプリンターズSなどでも活躍が期待出来る。
2着馬メタモルフォーズは超スローペースにも関わらず勝ち馬に捻じ伏せられた。
相手が悪かったという事もあるが、今後は能力落ちさえ無ければ重賞での活躍が見込める。


<名古屋優駿・競争成績>
第5S:6月2週 名古屋優駿 競争成績
1着 ミストバーン(馬主:医龍)
2着 マチャマチャ(馬主:芸人名鑑)
ペース:M
勝ち時計:1分57秒9



勝ち時計の1分57秒9は昨年の名古屋優駿より0.3秒速い時計。
勝ち馬ミストバーンは群馬記念の鬱憤を晴らす走りを見せてくれた。
次走JDDを使うならニャンコサイレンス等との戦いが楽しみだ。
2着馬マチャマチャは前走重賞制覇がフロックでは無い走りを見せてくれた。
今後も能力が維持出来るならダート中距離路線で上位を争う馬だろう。
3着以下では枠順不利で沈んだポジティブハート(馬主:セイ爺)あたりは次走以降まともな枠なら見直しが必要だろうか。


昨日の重賞予想は北海道スプリントCなどを的中。ヽ( ´Д`)ノ

第5S:6月2週 北海道スプリントC 的中馬券




第5S:6月2週 名古屋優駿 的中馬券




予想:5レース 的中:2レース
投資:1500万 回収:10770万
収支:+9270万 回収率:718%

さて、今日の重賞予想は…

<エプソムC・出馬表>
第5S:6月3週 エプソムC 出馬表






展開は4052でややスローペースか。
この展開なら前走金鯱賞勝ちの6番レコバモスグリーン(馬主:ここ)の頭は鉄板。
相手も展開利を期待して4番ミッチーバスター(馬主:ミッチー)を抜擢。
馬券は馬単6→4で勝負!

<ファルコンS・出馬表>
第5S:6月3週 ファルコンS 出馬表






展開は2344でややスローペースか。
ここは9番クァドルパルテナス(馬主:スカル牧場)の能力が頭一つ抜けている。
相手は非常に難解だが、展開利を期待して1番ダスティウィンド(馬主:サイラス)を抜擢。
正直な所、2着争いは横一線でどれも大差無いように思える。
馬券は馬単9→1で勝負!

<帝王賞・出馬表>
第5S:6月3週 帝王賞 出馬表






展開は3533で平均ペースか。
ここは能力上位の逃げ馬2頭が揃って外枠不利で撃沈濃厚。
強力逃げ馬2頭が消えれば好枠を引き当てた先行馬2頭での一騎討ちとみる。
1番パリティビット(馬主:フロントオフィング)、3番キチョウ(馬主:ジャングルファーム)のどちらを上位に取るか悩む所だが、ダート適性もありそうなキチョウを本命に抜擢。
馬券は馬単3→1で勝負!

|

« 第5S:6月2週@今日のリッキー厩舎 | Main | 第5S:6月3週@今日のリッキー厩舎 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70763/4743037

Listed below are links to weblogs that reference 第5S:6月3週@今日の重賞予想:

« 第5S:6月2週@今日のリッキー厩舎 | Main | 第5S:6月3週@今日のリッキー厩舎 »