« 第5S:9月1週@今日のリッキー厩舎 | Main | 第5S:9月2週@今日の重賞予想 »

July 09, 2005

騎手… その2

さて、今日も騎手についてネタを扱ってみたいと思います。
まぁ…今さらなんで皆さん知っている事ばかりだと思いますが…。

騎手については旧仕様の頃から興味を持っていました。

旧仕様では表パラ(騎手能力のE~SS)より裏パラ(騎乗経験や勝利数)の方が重要視されていました。
それが仕様変更によって表パラの上限値修正や表パラの重要度が向上し、騎手の得意・不得意条件でのパフォーマンスが変わってくると思われます。

今日は騎手の時計差の上限をちょこっとだけ調べてみました。
芝・ダート、距離、脚質など細かい条件を設定して調べると膨大な時間が掛かるので、今回は芝1000mの逃げという条件で比較してみました。

サンプルとして登場する騎手は以下の4騎手。
うちの厩舎の3騎手と碧色厩舎の主戦騎手に協力して貰いました。
騎手データと芝1000mの時計は以下の通り。
新人騎手の1分00秒0を基準時計として時計差を出しました。

宮下瞳(リッキー厩舎@新人)
第5S:9月1週 宮下
逃げ:E 短:E 芝:E = 3点
通算:0勝(重賞実績無し)
芝1000m:1分00秒0(基準時計)





吉田稔(リッキー厩舎@セカンド)
第5S:9月1週 吉田
逃げ:S 短:E 芝:D = 9点
通算:17勝(重賞実績無し)
芝1000m:0分59秒6(-0秒4差)





坂本勝美(リッキー厩舎@主戦)
第5S:9月1週 坂本
逃げ:SS 短:SS 芝:S = 20点
通算:88勝(GⅠ・1勝 重賞8勝)
芝1000m:0分59秒1(-0秒9差)





岡部(碧色厩舎@主戦)
第5S:9月1週 岡部
逃げ:SS 短:B 芝:SS = 18点
通算:164勝(GⅠ・5勝 重賞22勝)
芝1000m:0分59秒0(-1秒0差)





こんな感じになりました。
新人と私の主戦が0秒9差。
新人と碧色厩舎の主戦との差が1秒0差。
私の主戦と碧色厩舎の主戦の戦績は倍近く違うのに時計差は0秒1差。
これから分かった事は、時計差の上限値がある程度はあるという事。
その上限は新人騎手と比較して1秒0くらいだと思います。

…というのも、以前にも同様の調査をしたんですが、その時は私の主戦と碧色厩舎の主戦との差は0.4秒差ありました。
条件も同じ芝1000mの逃げです。

その時の時計差はこんな感じでした。

宮下 1分00秒0(基準時計)
坂本 0分59秒6(-0秒6差)
岡部 0分59秒0(-1秒0差)

その時の騎手の戦績は…

宮下 通算:0勝(重賞実績無し)
坂本 通算:70勝(GⅠ・1勝 重賞4勝)
岡部 通算:150勝(GⅠ・4勝 重賞18勝)

以前、測定した時は第5Sの3月かそこらだったはずです。
その時と比較すると、私の主戦も碧色厩舎の主戦も同数くらいの勝ち星を挙げてます。

坂本 70勝→88勝=18勝↑
岡部 150勝→164勝=14勝↑

それでいて私の主戦は伸びているのに碧色厩舎の主戦は伸びていない事を考えると、最大に成長しても新人との時計差は1秒0くらいが最大では無いかという結論になりました。

そうなると、能力が上限値に来た騎手を育てていても無意味かもしれません。
騎手上限値が修正されているので、得意脚質や距離以外の能力も育てる事は可能かもしれませんが、長い目で見るなら主戦騎手の弱い部分の能力をセカンド騎手で補う形の方が良いかもしれません。

セカンド騎手が育ったら脚質的な使い分けも可能で大きな武器になるでしょうが、私の主戦でさえここまで来るのに半年掛かりました。
一人に絞って育てたのにも関わらずそれだけの期間を必要とするので、セカンド騎手育成を一から始めるのは苦労するでしょう。

まぁ…一番の問題は…

このゲームをいつまで続けるか?(..・∀・)

…という事なんですけどね。(;´Д`)

|

« 第5S:9月1週@今日のリッキー厩舎 | Main | 第5S:9月2週@今日の重賞予想 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70763/4892630

Listed below are links to weblogs that reference 騎手… その2:

« 第5S:9月1週@今日のリッキー厩舎 | Main | 第5S:9月2週@今日の重賞予想 »