« 第6S:5月2週@厩舎情報 | Main | 第6S:5月3週@重賞予想 »

August 14, 2005

嬉しくない2階級特進…

さて、この2・3日で活躍馬の引退が連続しました。
エース馬の相次ぐ引退でこれから厳しい戦いになりそうです。

引退馬の紹介は長くなるので興味のある方はクリックして続きを読んで下さい。(..・∀・)

繁殖牝馬@ジュノーン 血統表
繁殖牝馬:ジュノーン
父:ステイシス(ミスタープロスペクター系)
母:レデュイール(ブランドフォード系)
※実在繁殖牝馬:ハイトオブファッション





ジュノーン競争成績
8戦5勝(5-0-2-1)
主な戦績:GⅡ-デイリー杯2歳S 1着 GⅢ-チューリップ賞 1着

繁殖牝馬@ジュノーン 競争成績




繁殖牝馬@コンチェルティーナ 血統表
繁殖牝馬:コンチェルティーナ
父:シルバファッション(パックパサー系)
母:シフォナード(ミスタープロスペクター系)
※ウォーエンブレム×ダリア





コンチェルティーナ競争成績
5戦4勝(4-0-0-1)
主な戦績:GⅢ-クイーンC 1着

繁殖牝馬@コンチェルティーナ 競争成績




繁殖牝馬@グレンツェン 血統表
繁殖牝馬:グレンツェン
父:オデオデンダイスキ(ノーザンダンサー系)
母:マックスモーション(フェアウェイ系)
※実在繁殖牝馬:ココット





グレンツェン競争成績
15戦6勝(6-4-1-4)
主な戦績:交流GⅡ-東京盃 1着 GⅢ-セントウルS 1着

繁殖牝馬@グレンツェン 競争成績




ジュノーンは4月3週入厩でGⅠ級だと思っていた厩舎期待の馬だったが、鞘早熟かと思っていた成長型が実は超早熟だったという事実。
おまけに騎手仕様の変更により追込の騎手パラの整ってない騎手を騎乗させるしかなく、追込馬の同馬の能力を発揮させる事が出来なかった。
それでいて重賞2勝、それもダート馬で芝Eだったという事を考えれば出来すぎだった。(..・∀・)
ダート馬という事は分かっていたが、まさか芝Eとは思いも寄らなかった…。
初年度の配合相手はパックパサー。
上手く牡馬に出たので種牡馬入り出来るような能力である事を期待しよう。

コンチェルティーナも4月4週入厩で鞘早熟だと思っていたが、桜花賞後の近況メールで超早熟だったという事が判明した不運な馬。
こちらは主戦が逃げ専用騎手だったのでクイーンCまでデビュー4連勝を達成出来た。
父がマイナー系の馬主会内公開種牡馬を使っただけに、もう少し遅めに成長型が出てくれていたら活躍の場が広がって嬉しかったのに…。
初年度の配合相手はラントゥザフリーズ。
極端に距離適性の幅が狭い仔が出たが何とかしたいですね…。(;´Д`)

グレンツェンは4月4週入厩の古馬で期待した通りの成長型に出てくれた。
4歳のこの時期まで能力落ちは無かったが、3歳冬からは成長が止まっていた。
今Sは現役を続行したものの、6戦して勝ち星無し。
それでいて(0-3-1-2)の成績で掲示板を外さなかった。
引退させてみたら能力値が良いとは言えなかっただけに、重賞を2勝も出来たのはラッキーでしたね…。
グレンツェンは能力も微妙なので後継馬生産は断念。
セリに出して新しい引受先を見つける事にします。

これら3頭の引退でうちの厩舎に重賞勝ち馬は居なくなりました。(;´Д`)
次に重賞を勝てるのはいつになるんでしょうね…。

=今日の独り言=

鞘早熟(早)→早熟→超早熟の2階級特進は全然嬉しく無いです。(つД`)

|

« 第6S:5月2週@厩舎情報 | Main | 第6S:5月3週@重賞予想 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70763/5464142

Listed below are links to weblogs that reference 嬉しくない2階級特進…:

« 第6S:5月2週@厩舎情報 | Main | 第6S:5月3週@重賞予想 »