« 第6S:3月5週@厩舎情報 | Main | 第6S:4月1週@厩舎情報 »

August 09, 2005

第6S:4月1週@重賞予想

今日はダービー卿チャレンジT、産経大阪杯が行われます。

では昨日の重賞成績。

<日経賞・競争成績>
第6S:3月5週 日経賞 競争成績
1着 デスサイズ(馬主:ちゃあ)
2着 クァドランミネルバ(馬主:スカル牧場)
ペース:M(3143)
勝ち時計:2分31秒9



勝ち時計の2分31秒9は重賞としてはかなり物足りない時計。
勝ち馬デスサイズは重賞初制覇。
しかし、レースレベル的に疑問が残るので次走以降の重賞では厳しいだろう。


<マーチS・競争成績>
第6S:3月5週 マーチS 競争成績
1着 ブラックイレブン(馬主:石岡人)
2着 サクラシーキング(馬主:さくらコマース)
ペース:M(3553)
勝ち時計:1分49秒5



勝ち時計の1分49秒5は重賞としては少々物足りない。
勝ち馬ブラックイレブンは重賞初制覇。
しかし、15番人気での勝利ですか…。
期待したヤクモフット(馬主:やくも)は8着惨敗。
この馬の前走の時計も紛れ要素によるものだったんでしょうか?

ここからは個人的見解ですが、これがジークレ自慢の大駆け要素たっぷりのレース仕様。
勝ち馬は1/4→2/2→3/1→3/5と4連闘で使っていると思われます。
1/4のD1800mを勝った時が斤量56キロでスローペースを先行して1分50秒3
3/5のD1800mを勝った時が斤量54キロで平均ペースを先行して1分49秒5
連闘中はろくな調教は出来ないので1/4と3/5の斤量差や、1/4からの体調面の上積みを考慮してもまともに考えて0.8秒以上も時計が詰まるとはありえない。
昨日の段階での馬の能力は馬主さんしかわからないが、個人的には紛れ要素500%のレース。
紛れ要素が全開だとすると、平均時を基準にして上下0.7秒~0.8秒は速くなったり遅くなったりするのでだいたい計算が合うんですよね…。


<毎日杯・競争成績>
第6S:3月5週 毎日杯 競争成績
1着 プロフィット(馬主:ジャングルファーム)
2着 ソードリリー(馬主:医龍)
ペース:M(2341)
勝ち時計:1分57秒0



勝ち時計の1分57秒0は優秀。
勝ち馬プロフィットは重賞連勝で重賞3勝目。
ただ、京成杯勝ちの時からは時計的に上積みが感じられない。
皐月賞を目前にして余裕残しだと思われるので、皐月賞は今回からどれだけ上積みがあるかがポイントになりそう。
単純な比較だと弥生賞勝ち馬マツカゼドリーム(馬主:医龍)に分がありそう。
2着馬ソードリリーは勝ち馬には屈したが地力強化を証明する走りを見せた。
この馬も次走以降で重賞制覇のチャンスが十分ある。


<高松宮記念・競争成績>
第6S:3月5週 高松宮記念 競争成績
1着 ゲドウ(馬主:サブ)
2着 イワタ(馬主:大河内三郎)
ペース:ややH(5432)
勝ち時計:1分07秒0



勝ち時計の1分07秒0は展開を考慮すると優秀の部類。
勝ち馬ゲドウは重賞初制覇がGⅠとなった。
CBC賞の時から上積みが大きくあったとは思えないが力を出し切った内容だろう。
2着馬イワタはGⅠ制覇の一番手と思われたが2着まで。


<ドバイワールドカップ・競争成績>
第6S:3月5週 ドバイワールドカップ 競争成績
1着 スキップアウェイ(システム)
2着 プレザントリーバー(システム)
ペース:ややH(3511)
勝ち時計:2分02秒2(非公認サーバーR)



アスコットからの遠征馬はマチャマチャ(馬主:芸人名鑑)の3着が最高。
川崎記念の内容と今回の展開利を考慮すると、勝ち時計には十分対応出来たと思われるので3着敗退は意外だった。
もしかしたらピークアウトだったのだろうか?
父が早熟クリスエスなのでその可能性もある。
しかし、システム馬がややハイペースを逃げて2分02秒2ですか…。


<ドバイシーマクラシック・競争成績>
第6S:3月5週 ドバイシーマクラシック 競争成績
1着 エルコンドルパサー(システム)
2着 チェッカーフラッグ(馬主:ちゃあ)
ペース:S(0253)
勝ち時計:2分23秒3



アスコットからの遠征馬はチェッカーフラッグの2着が最高。
ここは遠征馬が差し追込馬ばかりだった事もあり、展開利を最大に生かしたシステム馬が勝利。
せめてややスローまでだったらチェッカーフラッグが勝ったであろうレースだったので残念。
この馬は天皇賞秋を勝った時から能力落ちは無さそうだ。


<ドバイゴールデンシャヒーン・競争成績>
第6S:3月5週 ドバイゴールデンシャヒーン 競争成績
1着 アルデバラン(システム)
2着 シルビアシャワー(馬主:しるびあ)
ペース:M(3403)
勝ち時計:1分09秒4



アスコットからの遠征馬はシルビアシャワーの2着が最高。
ハイペースかと思われたレースが平均ペースになってくれて遠征馬には助かったが、それでもシステム馬には完敗の内容。
勝ち時計の1分09秒4もJBCスプリントなどでも見た事が無い時計。
ユーザー馬にとっては持ち時計的に苦しかったか。


昨日の重賞予想は毎日杯を的中。ヽ( ´Д`)ノ

第6S:3月5週 毎日杯 的中馬券




予想:7レース 的中:1レース
投資:2100万 回収:2460万
収支:360万 回収率:117%

さて、今日の重賞予想は…

<ダービー卿チャレンジT・出馬表>
第6S:4月1週 ダービー卿チャレンジT 出馬表




隊列は5254で平均ペースが予想される。
本命は1番アイススラッシャー(馬主:隈部親永)
強力な同型が軒並み枠順不利にも助けられそうだが、マイルCSで3着の能力を信頼する。
相手筆頭は8番ピュアストーム(馬主:はやみや)
前走の凡走は意外も阪神牝馬Sの時だけ走れれば。
あとは気になる馬が13番スモーキングザダーク(馬主:モクモクさん)
馬券は馬単1→8で勝負!


<産経大阪杯・出馬表>
第6S:4月1週 産経大阪杯 出馬表






隊列は2333で平均ペースが予想される。
ここは格上馬セキシンエンプレス(馬主:すけさん)が枠順不利で波乱含み。
本命は5番コンドルイケー(馬主:リアリスト順)
前走勝利の勢いに期待。
相手筆頭は7番サイレンスソニック(馬主:医龍)
中山金杯くらい走れれば。
馬券は5→7で勝負!


=今日の独り言=

システム馬つえーよー(;´Д`)

|

« 第6S:3月5週@厩舎情報 | Main | 第6S:4月1週@厩舎情報 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70763/5376104

Listed below are links to weblogs that reference 第6S:4月1週@重賞予想:

« 第6S:3月5週@厩舎情報 | Main | 第6S:4月1週@厩舎情報 »