« 第6S:11月2週@重賞予想 | Main | 【我妻日記】 writer:我妻涼 »

September 09, 2005

第6S:11月2週@厩舎情報

馬券情報を辞めたらいきなり好配当が取れました。

第6S:11月1週 くるみ賞 的中馬券



こういうのは馬券情報を提供している時に的中させたかったですね。(..・∀・)

では昨日の出走馬成績。

ボルドレーズ
土曜・福島2R
2歳新馬 芝1200m
単 1.0 1人気/5頭 印【◎-◎◎】

第6S:11月1週 リッキー@ボルドレーズ 競争成績

結果:1番人気1着
ペース:H
決手:逃切る



ルヴォルカン
土曜・東京10R
3歳上1600万下 赤富士S ダ2100m
単 3.1 1人気/15頭 印【◎△○△】

第6S:11月1週 泥@ルヴォルカン 競争成績

結果:1番人気1着
ペース:M
決手:直外伸



ゴーアンドゴー
日曜・東京12R
3歳上1000万下 錦秋特別 芝1400m
単 2.3 2人気/10頭 印【○-◎◎】

第6S:11月1週 泥@ゴーアンドゴー 競争成績

結果:2番人気2着
ペース:M
決手:直伸良



コンポジション
日曜・京都11R
3歳上1600万下 渡月橋S 芝1600m
単 2.2 2人気/7頭 印【▲○○○】

第6S:11月1週 泥@コンポジション 競争成績

結果:2番人気2着
ペース:M
決手:直伸良



昨日は4頭出走して【2-2-0-0】の成績。

ボルドレーズは2歳新馬戦に出走して1着。
システム馬相手じゃ当然の結果ですね。(..・∀・)
次走は調教を積んで自己条件突破を狙います。

ルヴォルカンは赤富士Sに出走して1着。
予定通り勝てたので次走はJCDを使う予定。
時計的には足りないけど適条件なんで玉砕してきます。(;´Д`)

ゴーアンドゴーは錦秋特別に出走して2着。
完全に力負けですね。
能力的にも上積みを見込めないので引退。
能力はしょぼしょぼだったのでそのまま乗馬倶楽部逝きになりました。(..・∀・)

コンポジションは渡月橋Sに出走して2着。
勝ち馬には完全な力負けでしたね。
次走は連闘で自己条件orOP特別を使う予定。

さて、今日の出走馬は…

グアダルーペ
土曜・福島1R
2歳未勝利 ダ1000m
単 1.0 1人気/5頭 印【◎-◎◎】

第6S:11月2週 リッキー@グアダルーベ











チェンジアップ
土曜・福島11R
3歳上1000万下 河北新報杯 芝1200m
単 1.1 1人気/6頭 印【○-◎◎】

第6S:11月2週 リッキー@チェンジアップ











コートドレス
土曜・京都10R
3歳上1600万下 京洛S 芝1200m
単 2.4 2人気/9頭 印【-○○○】

第6S:11月2週 泥@コートドレス









クリスレグナム
日曜・京都5R
2歳新馬 芝1200m
単 1.0 1人気/5頭 印【◎-◎◎】

第6S:11月2週 泥@クリスレグナム











今日は4頭が出走。

グアダルーベは2歳未勝利戦に出走。
強敵不在なので勝ってくれるでしょう。

チェンジアップは河北新報杯に出走。
1番人気なので勝利を期待。

コートドレスは京洛Sに出走。
ダート馬なので芝は割引。
適距離という事を生かしてどこまでやれるか。
勝てないまでも連対確保を期待。

クリスレグナムは2歳新馬戦に出走。
システム馬相手なら楽勝でしょう。

今日はこんなもんでしょうか。
一応、3勝くらいしてくれる事を期待しましょう。

あとは明日のエリザベス女王杯にラヴザットジャズが出走予定。
現時点で登録6頭ですか…。
これじゃ逆立ちしてもマツカゼドリームには勝てないですね。(;´Д`)
多頭数なら枠順不利も期待出来るけど、小頭数じゃ紛れしか期待出来ない…。

|

« 第6S:11月2週@重賞予想 | Main | 【我妻日記】 writer:我妻涼 »

Comments

あ・・・。わが厩舎の馬ですね、9人気で2着に突っ込んでごめんなさい。

Posted by: カフェスタホースクラ | September 09, 2005 at 11:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70763/5861180

Listed below are links to weblogs that reference 第6S:11月2週@厩舎情報:

« 第6S:11月2週@重賞予想 | Main | 【我妻日記】 writer:我妻涼 »