« 第9S:9月2週@厩舎情報 | Main | 第9S:9月3週@厩舎情報 »

February 04, 2006

第9S:9月3週@重賞予想

今日は京成杯オータムHC、朝日チャレンジC、セントウルS、日本テレビ盃が行われます。

では昨日の重賞成績。

<新潟2歳S・競争成績>
第9S:09月2週 新潟2歳S 競争成績
1着 キャットカラット(馬主:セツナの刻)
2着 キャットフェンリル(馬主:セツナ)
ペース:ややH(2-5-3-0)
勝ち時計:1分32秒4(良)



勝ち時計の1分32秒4は昨Sより1秒遅い。
勝ち馬キャットカラットは重賞初制覇。
新馬勝ち後に調教を積んだ成果が出た。
2着馬キャットフェンリルは勝ち馬に僅差の敗退。
こちらは新馬勝ち後の連闘で結果を出した。
2頭とも同一馬主の所有馬による1・2フィニッシュとなったが、例年に比べて出走馬の質量ともに物足りない印象を受けた。
この辺は超早熟のトップホースの参戦が無かった為と見るべきか。
全体的に早熟系に生産の中心が移行しているのかもしれない。


<小倉2歳S・競争成績>
第9S:09月2週 小倉2歳S 競争成績
1着 ヴィーグリース(馬主:ドルメロ牧場)
2着 ヤクモサキマクリ(馬主:やくも)
ペース:ややH(1-4-2-1)
勝ち時計:1分07秒4(良)



勝ち時計の1分07秒4は昨Sより0.5秒遅い。
勝ち馬ヴィーグリースは重賞初制覇。
デビュー3連勝での重賞制覇で今後の成長次第では短距離路線の主役として活躍を期待。
2着馬ヤクモサキマクリは勝ち馬に完敗。
現状での能力差は着差通りだと思うので今後の成長次第では逆転の可能性もある。


<エルムS・競争成績>
第9S:09月2週 エルムS 競争成績
1着 スギヤマアスカオー(馬主:激悲惨ダー杉山)
2着 タッキーフラッグ(馬主:たっきぃ)
ペース:ややH(3-6-4-0)
勝ち時計:1分42秒4(鞘重)



勝ち時計の1分42秒4は優秀。
勝ち馬スギヤマアスカオーは重賞初制覇。
枠順不利が心配されたが見事に克服。
持ち時計も短縮してこの距離を3連勝で重賞制覇となった。
2着馬タッキーフラッグは勝ち馬に僅差で敗退。
こちらもダート替わりと外枠先行の枠順不利が心配されたが結果を出した。
ダートもこれだけ走れるなら芝ダート問わず中距離路線での活躍を見込める。
期待したレジスタント(馬主:すけさん)は6着惨敗。
勝ち時計には対応出来る能力はあったと思うが、ここまで惨敗するには何らかの敗因がありそう。
父の成長型を考慮するとまだまだこれからの馬か。


昨日の重賞予想は小倉2歳Sを的中。ヽ( ´Д`)ノ

第9S:09月2週 小倉2歳S 的中馬券



<昨日の収支>
予想:3レース 的中:1レース
投資:900万 回収:1920万
収支:1020万 回収率:213%

<第9S:通算成績>
予想:109レース 的中:23レース
投資:32700万 回収:166465万
収支:133765万 回収率:509%

今日の重賞予想は以下の通り。

<京成杯オータムHC・出馬表>
第9S:09月3週 京成杯オータムHC 出馬表





隊列は(2-7-5-2)で平均ペースが予想される。
古馬の大将格は11番エルミネージュ(馬主:風香)だが、3歳馬との混合で結果を出してない上に転厩による影響が心配される。
他に目ぼしい古馬は見当たらないので3歳馬同士の決着と見るのが妥当だろう。
実績と持ち時計で抜けているのは、6番グランラファール(馬主:吉野家のかづ)、7番ラストキングダム(馬主:すけさん)、8番スグァワニー(馬主:ドルメロ牧場)の3頭。
ハンデ差を考慮すると7番ラストキングダムが優位も紛れ次第で3頭の着順は入れ替わる。
ここは無難に3頭が上位争いをすると見て3連複で勝負してみたい。
馬券は3連複6-7-8で勝負!


<朝日チャレンジC・出馬表>
第9S:09月3週 朝日チャレンジC 出馬表







隊列は(1-4-5-1)で平均ペースが予想される。
ここは本命と目された1番シルベスタオパール(馬主:閑人)が枠順不利。
本命馬が消えると他馬は横一線。
何が来てもおかしくない。
枠順不利が無い3歳馬の人気順で買ってみる。
馬券は馬単3→2で勝負!


<セントウルS・出馬表>
第9S:09月3週 セントウルS 出馬表





隊列は(4-3-6-3)で平均ペースが予想される。
スプリンターズSの前哨戦だが、頭数こそ揃ったもののメンバーが小粒な感じが否めない。
ここも3歳馬同士の決着と見るのが妥当。
古馬で買うなら16番イワタッツァ(馬主:ボストロHC)が2着争いには間に合いそう。
能力的には7番、12番、14番、15番、16番が上位争い。
純粋な能力なら14番ピップス(馬主:ファイアーボール)が一番安定していたが枠順不利。
何が頭に来てもおかしくないのでお好きな組み合わせで…。
馬券は馬単12→15・16で勝負!


<日本テレビ盃・出馬表>
第9S:09月3週 日本テレビ盃 出馬表





隊列は(5-4-4-3)で平均ペースが予想される。
ここは他重賞とは逆に古馬を脅かす3歳馬が見当たらない。
本命は10番マンノビューティー(馬主:伊達ファーム)
大崩れしない安定した走りで勝利を期待。
相手筆頭は6番セクレティーノ(馬主:ホノカ)
2走前に近いくらい走れれば上位争い。
馬券は馬単10→6で勝負!

|

« 第9S:9月2週@厩舎情報 | Main | 第9S:9月3週@厩舎情報 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第9S:9月2週@厩舎情報 | Main | 第9S:9月3週@厩舎情報 »