« 第10S:4月2週@厩舎情報 | Main | 第10S:4月3週@厩舎情報 »

March 07, 2006

第10S:4月3週@重賞予想

今日は皐月賞、読売マイラーズC、マリーンCが行われます。

では昨日の重賞成績。

<ニュージーランドトロフィー・競争成績>
第10S:04月2週 ニュージーランドトロフィー 競争成績
1着 スギヤマミカドオー(馬主:超悲惨ダー杉山)
2着 サタンズファング(馬主:GIANTS)
ペース:M(4-1-3-1)
勝ち時計:1分31秒4(良)



勝ち時計の1分31秒4は昨Sと同じ。
勝ち馬スギヤマミカドオーは重賞初制覇。
前走こそ強敵がいて惨敗したが、時計的には能力分だけ力を出し切った。
今後も相手次第では重賞制覇のチャンスがあるだろう。
2着馬サタンズファングは勝ち馬に僅差で敗退。
こちらも現状の力は出し切った感じ。
展開利を見込んでいただけに平均ペースではここまでか。


<桜花賞・競争成績>
第10S:04月2週 桜花賞 競争成績
1着 クァドランメリー(馬主:スカル牧場)
2着 セントスターレット(馬主:シン)
ペース:M(0-7-3-1)
勝ち時計:1分31秒1(良)



勝ち時計の1分31秒1は昨Sより0.3秒速い。
勝ち馬クァドランメリーは重賞初制覇がGⅠとなった。
前走条件戦勝利からの臨戦過程だったが、前走の時計から判断すると若干の良紛れがあったかもしれない。
この能力が本物かどうかは次走以降で真価を問う。
2着馬セントスターレットは勝ち馬に僅差で敗退。
鞘早熟系の血が開花したか前走から大幅にパフォーマンスを上げている。
それだけに前走で負かした馬に接戦負けしたのは悔しい所か。
今後の成長次第ではGⅠを勝つチャンスもあるだろう。
期待したアテナジャイアンツ(馬主:GIANTS)は4着。
時計的にも上位馬とは差を感じる内容だった。


昨日の重賞予想は全敗…。

<昨日の収支>
予想:2レース 的中:0レース
投資:600万 回収:0万
収支:-600万 回収率:0%

<第10S:通算成績>
予想:49レース 的中:11レース
投資:14700万 回収:31530万
収支:16830万 回収率:214%

今日の重賞予想は以下の通り。

<皐月賞・出馬表>
第10S:04月3週 皐月賞 出馬表





隊列は(4-6-5-3)で平均ペースが予想される。
今Sは皐月賞の前哨戦を勝ち続けてきた馬が不在で混戦模様。
本命は14番オーシャンバード(馬主:ちゃあ)
1600mでの驚異的な能力を2000mでどれだけ出せるかが疑問も、距離をこなせれば突き抜けるだけの能力を秘める。
あとは距離が伸びての時計落ちがどこまでかという感じ。
前走の時計と同じくらい2000mを走れたと仮定すると1分55秒8~9で走れる事になる。
時計落ちが0.6秒程度くらいまでなら勝ち負けに十分間に合うだろう。
相手筆頭は13番フォーシスターズ(馬主:ジャングルファーム)
前走くらい走れれば上位争いには加われる。
2頭に割って入るなら枠順を考慮して6番ミホノプルポン(馬主:スカル牧場)と9番ホワイトエビス(馬主:運呼牧場)が恐い。
馬券は馬単14→13で勝負!


<読売マイラーズC・出馬表>
第10S:04月3週 読売マイラーズC 出馬表







隊列は(1-3-4-3)で平均ペースが予想される。
本命は9番ディランヴァーレ(馬主:風輝)
前2走とも安定した走りをしているので能力を出し切れば。
相手筆頭は4番アルカナ(馬主:NG)
斤量が気になるがGⅠ馬の底力を信頼。
馬券は馬単9→4で勝負!


<マリーンC・出馬表>
第10S:04月3週 マリーンC 出馬表





隊列は(1-5-4-4)で平均ペースが予想される。
3歳馬と古馬が混合になって能力比較が難しい。
本命は4番アジュガール(馬主:リアリスト順)
古馬の中では能力が一番ある実績馬。
相手は難解。
3歳馬で選ぶなら8番、10番、12番、13番、14番の5頭は殆ど差が無さそう。
馬券は馬単4→12で勝負!

|

« 第10S:4月2週@厩舎情報 | Main | 第10S:4月3週@厩舎情報 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第10S:4月2週@厩舎情報 | Main | 第10S:4月3週@厩舎情報 »