« 第18S:12月5週@厩舎情報 | Main | 第19S:1月1週@厩舎情報 »

June 08, 2007

第19S:1月1週@重賞予想

今日は東西金杯が行われます。

では昨日の重賞成績。

<有馬記念・競争成績>
第18S:12月5週 有馬記念 成績
1着 ジェルトリュード(馬主:閑人)
2着 ノホンオリーヴ(馬主:ノホホン)
ペース:M(3-5-8-0)
勝ち時計:2分29秒7(稍重)



勝ち時計の2分29秒7は優秀。
勝ち馬ジェルトリュードはGⅠ・3勝目。
絶好枠で前走のジャパンカップに続く国内GⅠ連勝。
この路線での実力ナンバーワンを改めて証明。
今後も現役生活が続く限りは中長路線で主役として活躍を期待。
2着馬ノホンオリーヴは勝ち馬に完敗。
しかし、枠順不利の影響があったとすれば勝ち馬と同等の評価が必要。
次走以降まともな枠順でどれだけ走れるか真価を問いたい。


<ラジオNIKKEI杯2歳S・競争成績>
第18S:12月5週 ラジオNIKKEI杯2歳S 成績
1着 ザイドザンド(馬主:みどり牧場)
2着 ブキャナー(馬主:我妻涼)
ペース:M(0-8-4-1)
勝ち時計:1分56秒0(稍重)



勝ち時計の1分56秒0は標準的。
勝ち馬ザイドザンドは重賞初制覇。
新馬戦で惨敗して未勝利勝ちからの挑戦。
人気は低評価だったが、人気の無さを覆す走りで快勝。
時計的にもまずまず。
これが実力なら今後の成長次第で更なる活躍の可能性も。
次走以降で真価を問いたい。
2着馬ブキャナーは勝ち馬に完敗。
こちらは新馬勝ちからの連闘。
時計的にも能力を出し切った感じ。
今後重賞で戦えるかどうかは次走以降でどれだけ成長しているかによる。
期待したマルティラル(馬主:なんぴとたりとも)は3着。
新馬戦勝ちの時計から考えると思ったほどの成長が無かったのか。
前走から大きな上積みは感じなかった。
悪紛れの可能性もあるので次走以降の走りで真価を問いたい。


<東京大賞典・競争成績>
第18S:12月5週 東京大賞典 成績
1着 ゼニガタチョコ(馬主:銭形平次)
2着 クラウディアハート(馬主:伊藤聖)
ペース:M(2-9-5-0)
勝ち時計:2分01秒8(良)



勝ち時計の2分01秒8は優秀。
勝ち馬ゼニガタチョコはGⅠ初制覇。
近走好時計で連勝して来た実力を発揮。
ゴール前は僅差の争いになったが僅かに残した。
今後も短中~中距離とダート路線での活躍を期待。
2着馬クラウディアハートは勝ち馬に僅差で敗退。
直線は差して来たが僅かに及ばなかった。
初ダートだった事を考慮すれば良く走った。
今後も中距離では芝ダート問わず安定した走りを期待。


<兵庫ゴールドトロフィー・競争成績>
第18S:12月5週 兵庫ゴールドトロフィー 成績
1着 モコカーニバル(馬主:モコモコ)
2着 キャットウィング(馬主:セツナ)
ペース:M(2-5-6-3)
勝ち時計:1分21秒1(良)



勝ち時計の1分21秒1は標準的。
勝ち馬モコカーニバルは重賞初制覇。
OPクラスの戦いでは1番人気を裏切る成績が続いていた。
今回は人気も落ちて気楽な立場で走る事が出来た感じ。
今後も相手次第では重賞制覇の可能性があるだろう。
2着馬キャットウィングは勝ち馬に僅差で敗退。
時計的には能力を出し切った感じ。
期待したテッスート(馬主:上原牧場)は5着惨敗。
時計的にギリギリ対応出来ると思ったが今回は僅かに及ばなかった。
上位5頭くらいは能力的に殆ど差が無いだろう。


今日の重賞予想は以下の通り。

<中山金杯・出馬表>
第19S:01月1週 中山金杯





隊列は(0-8-5-2)で平均ペースが予想される。
推定勝ち時計は1分56秒1前後。

◎  4 アンブラローブ(馬主:なんぴとたりとも) ハンデワッショイ?
○  9 ハコ(馬主:蘆花) 持ち時計はある。

馬券は馬単4⇔9(表:113.5倍 裏:170.1倍)で勝負!


<京都金杯・出馬表>
第19S:01月1週 京都金杯







隊列は(1-7-3-0)で平均ペースが予想される。
推定勝ち時計は1分30秒4前後。

◎  4 ステレオキャスター(馬主:スコッチ) 能力違う。
○  8 フォレアリエス(馬主:たけは) まともな枠なら巻き返し必至。

馬券は馬単4→8(14.8倍)で勝負!

|

« 第18S:12月5週@厩舎情報 | Main | 第19S:1月1週@厩舎情報 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第18S:12月5週@厩舎情報 | Main | 第19S:1月1週@厩舎情報 »