« 第20S:11月3週@厩舎情報 | Main | 第20S@功労馬 »

September 14, 2007

第20S:11月4週@重賞予想

今日は東京スポーツ杯2歳S、マイルチャンピオンシップ、彩の国浦和記念、全日本サラブレッドC、兵庫ジュニアグランプリが行われます。

では昨日の重賞成績。

<京王杯2歳S・競争成績>
第20S:11月3週 京王杯2歳S 成績
1着 フォレチョリソー(馬主:たけは)
2着 ギンタブサウザー(馬主:まろ)
ペース:ややH(4-3-3-0)
勝ち時計:1分18秒4(稍重)



勝ち時計の1分18秒4は標準的。
勝ち馬フォレチョリソーは重賞初制覇。
前走OP特別勝ちの能力を証明する走り。
時計的にも能力は出し切ったと判断して良いだろう。
今後は成長が止まった感じがするので少々苦しいかもしれない。
2着馬ギンタブサウザーは勝ち馬に僅差で敗退。
展開も若干向かなかったが前走から多少パフォーマンスを落とした。
時計的には現状の能力に近い走りは見せただろう。


<エリザベス女王杯・競争成績>
第20S:11月3週 エリザベス女王杯 成績
1着 プリマンボディオ(馬主:ジョン太郎)
2着 シャーリーマンソン(馬主:トリカゴ)
ペース:M(0-4-2-1)
勝ち時計:2分09秒3(良)



勝ち時計の2分09秒3は優秀。
勝ち馬プリマンボディオはGⅠ初制覇。
セントライト記念勝ちから更に成長を感じさせる内容。
時計的にも優秀で超一流の域に達した。
これが実力なら今後も相当な活躍が見込めそう。
次走以降で真価を問いたい。
2着馬シャーリーマンソンは勝ち馬に僅差で敗退。
負けはしたが京都大賞典勝ちの能力は証明した。
今回の負けは鞍上の成熟度の差だろう。
次走JCに出走なら巻き返し可能。


<福島記念・競争成績>
第20S:11月3週 福島記念 成績
1着 ブラジルエアライン(馬主:カフェスタホースクラ)
2着 マックスアズリア(馬主:蘆花)
ペース:M(3-5-5-0)
勝ち時計:1分55秒9(良)



勝ち時計の1分55秒9は標準的。
勝ち馬ブラジルエアラインは重賞初制覇。
前走から成長を感じさせる走りで快勝。
血統的に遅咲きの能力が開花したか。
これが実力かどうかは次走以降で真価を問いたい。
2着馬マックスアズリアは勝ち馬に完敗。
時計的には能力を出し切った。
ここまでが精一杯。


今日の重賞予想は以下の通り。

<東京スポーツ杯2歳S・出馬表>
第20S:11月4週 東京スポーツ杯2歳S





隊列は(2-9-2-1)でややハイペースが予想される。
推定勝ち時計は1分44秒1前後。

◎  2 アズキレベナテラ(馬主:あずき) ここでは能力違う。
○  6 マキナディーティア(馬主:唯識) 2着争いなら。

馬券は馬単2→6(17.2倍)で勝負!


<マイルチャンピオンシップ・出馬表>
第20S:11月4週 マイルCS





隊列は(2-9-3-3)で平均ペースが予想される。
推定勝ち時計は1分30秒2前後。

◎  1 ダンシングフウコ(馬主:アップルパイ) 前走優秀。
○ 12 ベネディーレ(馬主:さー) 30秒中盤の争いなら。

馬券は馬単1→12(17.8倍)で勝負!


<彩の国浦和記念・出馬表>
第20S:11月4週 浦和記念





隊列は(0-7-9-0)で平均ペースが予想される。
推定勝ち時計は2分01秒8前後。

◎  9 マジカルパレード(馬主:蘆花) 得意距離で巻き返し。
○ 12 サンダーストリーク(馬主:リッキー) 絶好枠で何とかならないか。

馬券は馬単9→12(34.8倍)で勝負!


<全日本サラブレッドC・出馬表>
第20S:11月4週 全日本サラブレッドC





隊列は(1-3-6-3)で平均ペースが予想される。
推定勝ち時計は1分21秒3前後。

◎ 12 アンジュクロビカリ(馬主:ひーた) この相手ならチャンス有。
○ 13 ローゼリーベン(馬主:伊藤聖) 持ち時計はある。

馬券は馬単12→13(23.3倍)で勝負!


<兵庫ジュニアグランプリ・出馬表>
第20S:11月4週 兵庫ジュニアグランプリ





隊列は(1-9-3-0)でややハイペースが予想される。
推定勝ち時計は1分21秒0前後。

◎ 11 イエローダズラ(馬主:リッキー) 展開向きそう。
○  1 ミコトヴァナラ(馬主:やくも) ダート走れたら。

馬券は馬単11→1(38.5倍)で勝負!

|

« 第20S:11月3週@厩舎情報 | Main | 第20S@功労馬 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第20S:11月3週@厩舎情報 | Main | 第20S@功労馬 »