« 第22S:7月1週@重賞予想 | Main | 第22S:7月3週@重賞予想 »

December 08, 2007

第22S:7月2週@重賞予想

今日は七夕賞、プロキオンS、ジャパンダートダービー、アイルランドオークス、パリ大賞典が行われます。

では昨日の重賞成績。

<ラジオNIKKEI賞・競争成績>
第22S:07月1週 ラジオNIKKEI賞 成績
1着 テヘナラボン(馬主:バタリアン)
2着 キャットオルテシア(馬主:セツナ)
ペース:ややS(0-3-4-2)
勝ち時計:1分43秒8(良)



勝ち時計は標準的。
勝ち馬は前走と同等の走りを見せて圧勝。
今後も中距離路線で安定した活躍が見込める。
2着馬以下は重賞で勝ち切るには少々能力不足。
今後も余程恵まれない限り上位争いは苦しい。


<函館スプリントS・競争成績>
第22S:07月1週 函館スプリントS 成績
1着 ストロープリン(馬主:アップルパイ)
2着 ミッチーラプソディ(馬主:ミッチー)
ペース:ややH(2-10-2-0)
勝ち時計:1分05秒3(稍重)



勝ち時計は優秀。
前走マイルGⅠで連対はしたが、距離短縮で前走以上の走りを見せた。
展開も不利だっただけに時計的には評価出来る内容。
これが実力かどうかは次走以降で真価を問いたい。
2着馬は勝ち馬に僅差で敗退。
斤量差を考慮すれば勝ちに等しい内容。
これだけ走って負けたのなら仕方が無い。


<スパーキングレディーC・競争成績>
第22S:07月1週 スパーキングレディーC 成績
1着 ネクロレギンレイヴ(馬主:唯識)
2着 ノホンスパイア(馬主:ノホホン)
ペース:M(2-5-5-2)
勝ち時計:1分34秒8(良)



勝ち時計は優秀。
海外GⅠでは惜敗だったが、国内に戻って巻き返した。
時計的にも斤量に恵まれた面もあったが現状の能力は出し切った。
2着馬は勝ち馬との斤量差もあったが能力は出し切った。
今後も条件さえ揃えば安定した走りを期待。


<アイルランドダービー・競争成績>
第22S:07月1週 愛ダービー 成績
1着 バゴ(システム)
2着 ハイシャパラル(システム)
ペース:H(1-9-0-0)
勝ち時計:2分21秒8(良)



勝ち時計は標準的。
改造されたシステム馬が上位独占。
空き巣同然だった海外GⅠワッショイの時代は終焉を告げた。


今日の重賞予想は以下の通り。

<七夕賞・出馬表>
第22S:07月2週 七夕賞







隊列は(1-7-2-1)で平均ペースが予想される。
推定勝ち時計は1分55秒8前後。

◎  6 イヌプライド(馬主:ジョン太郎) 55秒台後半の争いなら。
○  9 ネコシャワー(馬主:毒ゆーちゃ) ハンデ克服次第で。


<プロキオンS・出馬表>
第22S:07月2週 プロキオンS









隊列は(0-4-3-1)で平均ペースが予想される。
推定勝ち時計は1分21秒7前後。

◎  6 セントアラビアン(馬主:シン) 秋の目標はBCスプリント?
○  4 ギガウォーク(馬主:ケイオウ) 21秒台の争いなら。


<ジャパンダートダービー・出馬表>
第22S:07月2週 ジャパンダートダービー





隊列は(2-7-5-0)で平均ペースが予想される。
推定勝ち時計は2分01秒5前後。

◎  4 ネコニャーニャ(馬主:ねこたま) この距離はどうなんでしょう?
○ 11 ブロークントレイル(馬主:黒ニャン) 2走前くらい走れれば。


<アイルランドオークス・出馬表>
第22S:07月2週 愛オークス







隊列は(0-2-1-0-不明7)で平均ペースが予想される。
推定勝ち時計は2分21秒6前後。

◎  7 シャワンダ(システム)
○  5 ラムルマ(システム)
※  8 クァドランマカリア(馬主:スカル牧場) あのパドックの状態で何がしたい?


<パリ大賞典・出馬表>
第22S:07月2週 パリ大賞典







隊列は(1-2-3-0-不明5)で平均ペースが予想される。
推定勝ち時計は2分21秒8前後。

◎  9 バゴ(システム) 前走、先行Hペースで21秒8を叩き出しやがった。
○  8 ネアルコ(システム)

|

« 第22S:7月1週@重賞予想 | Main | 第22S:7月3週@重賞予想 »

Comments

勝った馬くらいのタイムは出るんですが、ダメだったようです。距離適正かなぁ・・・。

Posted by: ねこたま | December 08, 2007 at 11:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第22S:7月1週@重賞予想 | Main | 第22S:7月3週@重賞予想 »