September 19, 2007

第20S:12月5週@重賞予想

今日は有馬記念、ラジオたんぱ杯2歳S、東京大賞典、兵庫ゴールドトロフィーが行われます。

では昨日の重賞成績。

<フェアリーS・競争成績>
第20S:12月4週 フェアリーS 成績
1着 キャットマリア(馬主:セツナの刻)
2着 ヒスレート(馬主:ウエストRC)
ペース:M(2-7-1-2)
勝ち時計:1分05秒7(稍重)



勝ち時計の1分05秒7は標準的。
勝ち馬キャットマリアは重賞初制覇。
正直これだけ走れるとは思わなかった。
これまで1400mと1600mの経験しかなくて能力的にも厳しいと思っていた。
それがこの走りという事は、過去3走とも適性外だったのだろうか。
次走以降で真価を問いたい。
2着馬ヒスレートは勝ち馬に完敗。
距離短縮で能力を出し切った感じ。
今後は更に能力の上積みがなければ重賞では苦しいだろう。
期待したパラミンシヴァ(馬主:まろ)は完敗。
ここまで勝ち時計が速くなるとは予想外だった。


<阪神カップ・競争成績>
第20S:12月4週 阪神カップ 成績
1着 ゾンビアイランド(馬主:バタリアン)
2着 ラウベリ(馬主:我妻涼)
ペース:M(2-5-3-1)
勝ち時計:1分18秒0(良)



勝ち時計の1分18秒0は標準的。
勝ち馬ゾンビアイランドは重賞初制覇。
持ち時計通りの走りで能力を出し切った。
ゴール前の叩き合いを制した勝負根性が光る。
2着馬ラウベリは勝ち馬に僅差で敗退。
絶好枠で巻き返しを期待したが僅差で敗れた。
時計的には現状の能力を出し切ったと判断して良いだろう。
この距離で結果を出した点は評価が必要。


<愛知杯・競争成績>
第20S:12月4週 愛知杯 成績
1着 シルキールンナ(馬主:ひさみん)
2着 ミッチーランデブー(馬主:ミッチー)
ペース:ややH(1-6-1-2)
勝ち時計:1分55秒7(良)



勝ち時計の1分55秒7は優秀。
勝ち馬シルキールンナは重賞3勝目。
展開は向かなかったが、ここでは格の違いを見せ付けた。
相手関係も楽だった。
今後も中距離路線での活躍を期待。
2着馬ミッチーランデブーは勝ち馬に完敗。
時計的には枠順不利を考慮すれば良く走った。
ただ、絶好枠だとしても勝ち馬との能力差は明らか。


<全日本2歳優駿・競争成績>
第20S:12月4週 全日本2歳優駿 成績
1着 アズキルミナリエ(馬主:あずき)
2着 クロブギー(馬主:我妻涼)
ペース:M(1-4-8-2)
勝ち時計:1分34秒7(良)



勝ち時計の1分34秒7は優秀。
勝ち馬アズキルミナリエは重賞初制覇がGⅠとなった。
前走の阪神JFは完敗だったが、ダートで巻き返した。
ライバル馬の枠順不利にも助けられたが、芝より高い適性を示した点は要注意。
これが実力なら芝よりダート向きの馬と判断した方が良さそう。
次走以降で真価を問いたい。
2着馬クロブギーは勝ち馬に僅差で敗退。
敗因は枠順不利に尽きる。
決して実力で負けたとは言い難い内容。


<名古屋グランプリ・競争成績>
第20S:12月4週 名古屋グランプリ 成績
1着 ミコトアッシド(馬主:やくも)
2着 アズキジャパン(馬主:あずき)
ペース:M(0-7-8-1)
勝ち時計:2分41秒5(良)



勝ち時計の2分41秒5は優秀。
勝ち馬ミコトアッシドは重賞2勝目。
距離延長に不安を残していたが見事に克服。
ただ、ここを使うあたり2000mは適性外と見るのが妥当。
2着馬アズキジャパンは勝ち馬に完敗。
持ち時計はあったが持ち時計通りの走りは出来なかった。
この辺りが現状の能力と判断した方が良さそう。


今日の重賞予想は以下の通り。

Continue reading "第20S:12月5週@重賞予想"

| | Comments (0)

September 18, 2007

第20S:12月4週@重賞予想

今日はフェアリーS、阪神カップ、愛知杯、全日本2歳優駿、名古屋グランプリが行われます。

では昨日の重賞成績。

<朝日杯フューチュリティーS・競争成績>
第20S:12月3週 朝日杯FS 成績
1着 アズキアーチェス(馬主:あずき)
2着 レボルヴィング(馬主:ケイオウ)
ペース:M(2-9-4-0)
勝ち時計:1分30秒6(稍重)



勝ち時計の1分30秒6は標準的。
勝ち馬アズキアーチェスはGⅠ初制覇。
混戦模様のメンバー構成だったが、前走同様の走りを見せて勝利。
現状の能力は出し切った。
2着馬レボルヴィングは勝ち馬に僅差で敗退。
枠順不利ながら勝ち馬に迫る走り。
最後は脚が上がったが良く走った。
次走以降まともな枠で真価を問いたい。


<鳴尾記念・競争成績>
第20S:12月3週 鳴尾記念 成績
1着 フォレストロワヤ(馬主:たけは)
2着 アンテプリマ(馬主:ファイアーボール)
ペース:ややH(2-4-3-0)
勝ち時計:1分55秒9(良)



勝ち時計の1分55秒9は標準的。
勝ち馬フォレストロワヤは重賞初制覇。
距離延長に一抹の不安を抱えていたが見事に克服。
展開も若干向いたが、1800mと同等の走りを見せた。
今後も相手次第では重賞制覇の可能性は高いだろう。
2着馬アンテプリマは勝ち馬に僅差で敗退。
展開不利ながら持ち時計を短縮する走り。
現状の能力は出し切った。


では今日の重賞予想。

Continue reading "第20S:12月4週@重賞予想"

| | Comments (0)

September 17, 2007

第20S:12月3週@重賞予想

今日は朝日杯フューチュリティーS、鳴尾記念が行われます。

では昨日の重賞成績。

<ステイヤーズS・競争成績>
第20S:12月2週 ステイヤーズS 成績
1着 ポコレーダー(馬主:ヒロポコ)
2着 ノホンセージ(馬主:ノホホン)
ペース:H(3-4-1-1)
勝ち時計:3分42秒0(良)



勝ち時計の3分42秒0は標準的。
勝ち馬ポコレーダーは重賞2勝目。
距離延長でどこまで走れるかと思ったが、期待したほどの走りは出来なかった。
展開も向かなかったが本質的に3600mは長そう。
来Sの天皇賞春までピークが持てば本命候補。
2着馬ノホンセージは勝ち馬に僅差で敗退。
同じく展開は向かなかったが菊花賞で完敗した後のレースで良く走った。
こちらは距離延長を苦にしない印象を受けた。
超長距離で手薄なメンバー構成なら重賞制覇の可能性も。


<阪神ジュベナイルフィリーズ・競争成績>
第20S:12月2週 阪神JF 成績
1着 クロブギー(馬主:我妻涼)
2着 アズキルミナリエ(馬主:あずき)
ペース:ややH(1-3-2-0)
勝ち時計:1分30秒2(重)



勝ち時計の1分30秒2は優秀。
勝ち馬クロブギーはGⅠ初制覇。
前哨戦を圧勝続きで本番に臨んできたが能力の違いを見せ付けた。
今後も短中路線で主役として活躍を期待。
2着馬アズキルミナリエは勝ち馬に完敗。
OP特別勝ちの能力を証明する走りを見せた。
展開は味方したが勝ち馬の影を踏むまではいかなかった。


<中日新聞杯・競争成績>
第20S:12月2週 中日新聞杯 成績
1着 ブラックメール(馬主:おび)
2着 セクシーココナッツ(馬主:鬼)
ペース:M(1-5-7-1)
勝ち時計:1分44秒0(稍重)



勝ち時計の1分44秒0は標準的。
勝ち馬ブラックメールは重賞初制覇。
持ち時計を考えると実力以上の走りと考えて良いだろう。
斤量53キロというのも良かった。
今後相手が強化されてどこまで走れるか。
2着馬セクシーココナッツは勝ち馬に僅差で敗退。
持ち時計は一流のものがあるが、実力はこの辺りだろう。
時計的には能力を出し切ったと判断して良さそう。


<とちぎマロニエC・競争成績>
第20S:12月2週 とちぎマロニエC 成績
1着 ノホンスパイア(馬主:ノホホン)
2着 ベネディーレ(馬主:さー)
ペース:M(2-7-6-1)
勝ち時計:1分48秒0(稍重)



勝ち時計の1分48秒0は標準的。
勝ち馬ノホンスパイアは重賞初制覇。
近走は枠順不利もあったがここまで走れるとは思わなかった。
斤量51キロが良かったかもしれない。
次走以降で真価を問いたい。
2着馬ベネディーレは勝ち馬に僅差で敗退。
時計的には走ったが僅かに及ばなかった。
勝ち馬との斤量差もあったし仕方の無い結果。


今日の重賞予想は以下の通り。

Continue reading "第20S:12月3週@重賞予想"

| | Comments (0)

September 16, 2007

第20S:12月2週@重賞予想

今日はステイヤーズS、阪神ジュベナイルフィリーズ、中日新聞杯、とちぎマロニエCが行われます。

では昨日の重賞成績。

<ジャパンカップダート・競争成績>
第20S:12月1週 ジャパンカップダート 成績
1着 ミコトアッジド(馬主:やくも)
2着 ポニーメンフィス(馬主:ひまわり)
ペース:M(4-7-3-2)
勝ち時計:2分08秒8(稍重)



勝ち時計の2分08秒8は標準的。
勝ち馬ミコトアッジドはGⅠ初制覇。
再三に渡る枠順不利も関係無かった。
時計的には持ち時計通りの走り。
ただ、これまで不利が多いだけに本当の能力は未知数。
2着馬ポニーメンフィスは勝ち馬に僅差で敗退。
こちらも枠順不利の影響を心配したが見事に克服。
殆ど不利の影響を受けなかった感じ。
期待したセントサマーデイズ(馬主:シン)は3着。
持ち時計だけ走れば勝てると思ったがダメだった。


<ジャパンカップ・競争成績>
第20S:12月1週 ジャパンカップ 成績
1着 シャーリーマンソン(馬主:トリカゴ)
2着 トルネードエッジ(馬主:吉野家のかづ)
ペース:ややH(2-6-2-1)
勝ち時計:2分21秒7(良)



勝ち時計の2分21秒7は優秀。
勝ち馬シャーリーマンソンはGⅠ初制覇。
若干展開は向かなかったが能力を出し切った。
今後も中長路線で安定した活躍を期待。
2着馬トルネードエッジは勝ち馬に僅差で敗退。
展開も向いて最後は差して来たが僅かに及ばなかった。
時計的にこれだけ走って負けたのなら仕方が無い。


<京阪杯・競争成績>
第20S:12月1週 京阪杯 成績
1着 インフェクシャス(馬主:なんぴとたりとも)
2着 ミッチーヴェロニカ(馬主:ミッチー)
ペース:M(1-5-4-0)
勝ち時計:1分05秒7(良)



勝ち時計の1分05秒7は標準的。
勝ち馬インフェクシャスは重賞初制覇。
相手関係も楽になって巻き返した。
時計的には能力は出し切った。
今後も相手次第では重賞制覇のチャンスがあるかもしれない。
2着馬ミッチーヴェロニカは勝ち馬に僅差で敗退。
負けはしたが現状の能力は出し切ったか。


今日の重賞予想は以下の通り。

Continue reading "第20S:12月2週@重賞予想"

| | Comments (0)

September 15, 2007

第20S:12月1週@重賞予想

今日はジャパンカップシリーズ、京阪杯が行われます。

では昨日の重賞成績。

<東京スポーツ杯2歳S・競争成績>
第20S:11月4週 東京スポーツ杯2歳S 成績
1着 アズキレベナテラ(馬主:あずき)
2着 ミッチートゥルーズ(馬主:ミッチー)
ペース:M(2-9-2-1)
勝ち時計:1分44秒1(良)



勝ち時計の1分44秒1は標準的。
勝ち馬アズキレベナテラは重賞2勝目。
ここは力の違いを見せ付ける完勝劇。
前走からの上積みは殆ど無いが現状の能力は出し切った。
2着馬ミッチートゥルーズは勝ち馬に完敗。
前走から成長を感じさせる走りを見せたが勝ち馬との能力差は明らか。
今後どこまで上積みがあるか。


<マイルCS・競争成績>
第20S:11月4週 マイルCS 成績
1着 ダンシングフウコ(馬主:アップルパイ)
2着 ベネディーレ(馬主:さー)
ペース:M(2-9-3-3)
勝ち時計:1分29秒9(重)



勝ち時計の1分29秒9は優秀。
勝ち馬ダンシングフウコはGⅠ初制覇。
連勝中の勢いでGⅠを制した。
時計的にも優秀で能力の高さを改めて証明。
ただ、これが実力かというと少々良紛れの感じは否めない。
いずれにしても今後も短中路線で主役として活躍を期待。
2着馬ベネディーレは勝ち馬に完敗。
自身最高の走りを見せたが勝ち馬の前に屈した。


<浦和記念・競争成績>
第20S:11月4週 浦和記念 成績
1着 ゼニガタダヴィンチ(馬主:銭形平次)
2着 マジカルパレード(馬主:蘆花)
ペース:M(0-7-9-0)
勝ち時計:2分01秒6(良)



勝ち時計の2分01秒6は優秀。
勝ち馬ゼニガタダヴィンチは重賞2勝目。
前走は枠順不利で沈んだが、絶好枠で巻き返した。
正直ここまで走れるとは思わなかった。
これが実力かどうかは次走以降で真価を問いたい。
2着馬マジカルパレードは勝ち馬に僅差で敗退。
こちらも自身最高の走りをしたが及ばなかった。


<全日本サラブレッドC・競争成績>
第20S:11月4週 全日本サラブレッドC 成績
1着 アンジュクロビカリ(馬主:ひーた)
2着 ローゼリーベン(馬主:伊藤聖)
ペース:ややS(1-3-6-3)
勝ち時計:1分21秒2(良)



勝ち時計の1分21秒2は標準的。
勝ち馬アンジュクロビカリは重賞初制覇。
これといった強敵も不在だったが近走の好調さを証明。
次走以降相手が強化された場合にどこまで走れるか。
2着馬ローゼリーベンは勝ち馬に僅差で敗退。
現状の能力は出し切ったと判断して良いだろう。


<兵庫ジュニアグランプリ・競争成績>
第20S:11月4週 兵庫ジュニアグランプリ 成績
1着 イエローダズラ(馬主:リッキー)
2着 ミコトヴァナラ(馬主:やくも)
ペース:ややH(1-9-3-0)
勝ち時計:1分21秒1(良)



勝ち時計の1分21秒1は標準的。
勝ち馬イエローダズラは重賞初制覇。
展開も向いたが前走枠順不利の雪辱を果たす走り。
次走全日本2歳優駿に出走なら枠順次第でチャンスがあるかも。
2着馬ミコトヴァナラは勝ち馬に完敗。
若干展開は向かなかったがダートではここまでが精一杯かもしれない。


今日の重賞予想は以下の通り。

Continue reading "第20S:12月1週@重賞予想"

| | Comments (0)

September 14, 2007

第20S:11月4週@重賞予想

今日は東京スポーツ杯2歳S、マイルチャンピオンシップ、彩の国浦和記念、全日本サラブレッドC、兵庫ジュニアグランプリが行われます。

では昨日の重賞成績。

<京王杯2歳S・競争成績>
第20S:11月3週 京王杯2歳S 成績
1着 フォレチョリソー(馬主:たけは)
2着 ギンタブサウザー(馬主:まろ)
ペース:ややH(4-3-3-0)
勝ち時計:1分18秒4(稍重)



勝ち時計の1分18秒4は標準的。
勝ち馬フォレチョリソーは重賞初制覇。
前走OP特別勝ちの能力を証明する走り。
時計的にも能力は出し切ったと判断して良いだろう。
今後は成長が止まった感じがするので少々苦しいかもしれない。
2着馬ギンタブサウザーは勝ち馬に僅差で敗退。
展開も若干向かなかったが前走から多少パフォーマンスを落とした。
時計的には現状の能力に近い走りは見せただろう。


<エリザベス女王杯・競争成績>
第20S:11月3週 エリザベス女王杯 成績
1着 プリマンボディオ(馬主:ジョン太郎)
2着 シャーリーマンソン(馬主:トリカゴ)
ペース:M(0-4-2-1)
勝ち時計:2分09秒3(良)



勝ち時計の2分09秒3は優秀。
勝ち馬プリマンボディオはGⅠ初制覇。
セントライト記念勝ちから更に成長を感じさせる内容。
時計的にも優秀で超一流の域に達した。
これが実力なら今後も相当な活躍が見込めそう。
次走以降で真価を問いたい。
2着馬シャーリーマンソンは勝ち馬に僅差で敗退。
負けはしたが京都大賞典勝ちの能力は証明した。
今回の負けは鞍上の成熟度の差だろう。
次走JCに出走なら巻き返し可能。


<福島記念・競争成績>
第20S:11月3週 福島記念 成績
1着 ブラジルエアライン(馬主:カフェスタホースクラ)
2着 マックスアズリア(馬主:蘆花)
ペース:M(3-5-5-0)
勝ち時計:1分55秒9(良)



勝ち時計の1分55秒9は標準的。
勝ち馬ブラジルエアラインは重賞初制覇。
前走から成長を感じさせる走りで快勝。
血統的に遅咲きの能力が開花したか。
これが実力かどうかは次走以降で真価を問いたい。
2着馬マックスアズリアは勝ち馬に完敗。
時計的には能力を出し切った。
ここまでが精一杯。


今日の重賞予想は以下の通り。

Continue reading "第20S:11月4週@重賞予想"

| | Comments (0)

September 13, 2007

第20S:11月3週@重賞予想

今日は京王杯2歳S、エリザベス女王杯、福島記念が行われます。

では昨日の重賞成績。

<アルゼンチン共和国杯・競争成績>
第20S:11月2週 アルゼンチン共和国杯 成績
1着 ベヴィエ(馬主:ブリュンヒルト)
2着 ポコスピリット(馬主:ヒロポコ)
ペース:M(3-8-4-2)
勝ち時計:2分30秒0(良)



勝ち時計の2分30秒0は標準的。
勝ち馬ベヴィエは重賞初制覇。
500万条件からの格上挑戦で予想外の走りを見せた。
これまで目立った戦績が無かったので無警戒。
これが実力かどうかは次走以降で真価を問いたい。
2着馬ポコスピリットは勝ち馬に僅差で敗退。
枠順不利にトップハンデという事を考慮すれば良く走った。
次走以降まともな枠順で巻き返しを期待。
期待したアンブラード(馬主:なんぴとたりとも)は3着。
上位2頭に水をあけられたというのは少々能力的に足りなかったか。


<ファンタジーS・競争成績>
第20S:11月2週 ファンタジーS 成績
1着 ミコトヴァナラ(馬主:やくも)
2着 ハナヂブー(馬主:猿顔大王)
ペース:M(1-5-3-1)
勝ち時計:1分18秒2(稍重)



勝ち時計の1分18秒2は標準的。
勝ち馬ミコトヴァナラは重賞初制覇。
前走から大幅な成長を感じさせる走り。
今後の成長次第では更なる活躍が見込めそう。
2着馬ハナヂブーは勝ち馬に完敗。
時計的には現状の能力を出し切った感じ。
今後どこまで上積みがあるか。
期待したアズキチェリンカ(馬主:あずき)は3着。
前走くらい走れればと思ったが予想以上に勝ち時計が速かった。


<北海道2歳優駿・競争成績>
第20S:11月2週 北海道2歳優駿 成績
1着 キャルス(馬主:天野周矢)
2着 ゴッドフォービッド(馬主:吉野家のかづ)
ペース:M(2-3-6-0)
勝ち時計:1分48秒3(稍重)



勝ち時計の1分48秒3は標準的。
勝ち馬キャルスは重賞初制覇。
初ダートでどこまで走れるかと思ったが見事に克服。
むしろダート馬なのかとさえ思える走り。
時計的にもまずまずの内容。
ただ、今後GⅠを狙うとなると更なる上積みが欲しい。
2着馬ゴッドフォービッドは勝ち馬に僅差で敗退。
距離延長か課題だっただけに結果を出した点は評価。
こちらも今後の成長次第では面白い存在。
期待したコドモノオエカキ(馬主:黒ニャン)は3着。
自分の能力は出し切ったか。
勝ち時計に対応するのは厳しかったと判断した方が良さそう。


今日の重賞予想は以下の通り。

Continue reading "第20S:11月3週@重賞予想"

| | Comments (0)

September 12, 2007

第20S:11月2週@重賞予想

今日はアルゼンチン共和国杯、ファンタジーS、北海道2歳優駿が行われます。

では昨日の重賞成績。

<武蔵野S・競争成績>
第20S:11月1週 武蔵野S 成績
1着 ヴァニーユルージュ(馬主:吉野家のかづ)
2着 ミックスエンジニア(馬主:ファイアーボール)
ペース:M(3-7-4-2)
勝ち時計:1分34秒8(重)



勝ち時計の1分34秒8は標準的。
勝ち馬ヴァニーユルージュは重賞4勝目。
前走GⅠ勝ちの能力を証明する走り。
最後は接戦になったがきっちりと競り勝った。
2着馬ミックスエンジニアは勝ち馬に僅差で敗退。
時計勝負になると厳しいと思ったが予想以上の健闘。
これだけ走って負けたのなら仕方が無い。


<天皇賞秋・競争成績>
第20S:11月1週 天皇賞秋 成績
1着 ヴァイスクロイツ(馬主:吉野家のかづ)
2着 エイムダブル(馬主:寛和)
ペース:M(0-6-7-2)
勝ち時計:1分55秒6(良)



勝ち時計の1分55秒6は優秀。
勝ち馬ヴァイスクロイツはGⅠ・4勝目。
前走海外GⅠ勝利の余勢を駆ってのGⅠ連覇。
時計的にも優秀で能力を出し切った。
この勝利で中距離路線の現役最強の称号を贈っても良いだろう。
2着馬エイムダブルは勝ち馬に僅差で敗退。
時計的には持ち時計を短縮させて最高の走りを見せた。
これで負けたのなら仕方が無い。


<スワンS・競争成績>
第20S:11月1週 スワンS 成績
1着 ダンシングフウコ(馬主:アップルパイ)
2着 スギヤマコンビオー(馬主:超悲惨ダー杉山)
ペース:M(0-7-4-1)
勝ち時計:1分17秒7(良)



勝ち時計の1分17秒7は優秀。
勝ち馬ダンシングフウコは重賞2勝目。
連勝の勢いそのままに優秀な時計で圧勝。
マイルCSに出走なら本命候補として注目が必要。
2着馬スギヤマコンビオーは勝ち馬に完敗。
負けはしたが自分の能力は出し切った。
時計的にもここまでが精一杯だろう。


<JBCスプリント・競争成績>
第20S:11月1週 JBCスプリント 成績
1着 ミラクルキャラット(馬主:伊達ファーム)
2着 スギヤマウチュオー(馬主:超悲惨ダー杉山)
ペース:M(0-9-4-1)
勝ち時計:1分08秒2(稍重)



勝ち時計の1分08秒2は優秀。
勝ち馬ミラクルキャラットはGⅠ初制覇。
近走は芝で今ひとつの成績だったがダートに替わって変わり身を見せた。
本当はダート馬だったのかと思わせるような走り。
次走以降で真価を問いたい。
2着馬スギヤマウチュオーは勝ち馬に僅差で敗退。
持ち時計以上の走りをしたが勝ち馬はそれを更に上回る走り。
自身の能力は出し切っただけに悔いは無いだろう。


<JBCクラシック・競争成績>
第20S:11月1週 JBCクラシック 成績
1着 フクノルフィ(馬主:ふくちゃん)
2着 ポニーメンフィス(馬主:ひまわり)
ペース:M(0-7-6-0)
勝ち時計:2分01秒8(稍重)



勝ち時計の2分01秒8は標準的。
勝ち馬フクノルフィはGⅠ初制覇。
条件戦から格上挑戦だったが結果を出した。
時計的にも前走から上積みを感じさせる内容。
混戦模様の組み合わせだったが最後は叩き合いを制した。
今後も相手次第では重賞制覇のチャンスがあるだろう。
2着馬ポニーメンフィスは勝ち馬に僅差で敗退。
負けはしたが能力は出し切った。
芝ダート問わず相手なりに走れる安定感は評価したい。
期待したインフィニティア(馬主:ケイオウ)は惨敗。
前走くらい走れば勝ち負けだと思ったがさっぱりダメだった。


今日の重賞予想は以下の通り。

Continue reading "第20S:11月2週@重賞予想"

| | Comments (0)

September 11, 2007

第20S:11月1週@重賞予想

今日は武蔵野S、天皇賞秋、スワンS、JBCシリーズが行われます。

では昨日の重賞成績。

<富士S・競争成績>
第20S:10月4週 富士S 成績
1着 ムーンクロノス(馬主:月風)
2着 ゾンビアイランド(馬主:バタリアン)
ペース:M(2-3-5-1)
勝ち時計:1分30秒5(良)



勝ち時計の1分30秒5は標準的。
勝ち馬ムーンクロノスは重賞初制覇。
前走のOP特別では完敗だったが巻き返した形。
時計的にも現状の能力は出し切った感じ。
今後も相手次第では重賞制覇のチャンスがありそう。
2着馬ゾンビアイランドは勝ち馬に僅差で敗退。
自分の能力分は走ったがゴール前の叩き合いで僅かに遅れた。


<菊花賞・競争成績>
第20S:10月4週 菊花賞 成績
1着 ポコレーダー(馬主:ヒロポコ)
2着 マキナフィナンシア(馬主:鳥哭唯識)
ペース:ややH(4-8-3-1)
勝ち時計:3分01秒8(稍重)



勝ち時計の3分01秒8は優秀。
勝ち馬ポコレーダーは重賞初制覇がGⅠとなった。
ローテだけが不安だったが前走以上の走りを見せて快勝。
直線抜け出すと後続を寄せ付けない横綱相撲。
今後の長距離路線での活躍は約束されたようなものだろう。
2着馬マキナフィナンシアは勝ち馬に完敗。
負けはしたがきっちり2着を確保した辺りに素質の片鱗を見せた。


<BCクラシック・競争成績>
第20S:10月4週 BCC 成績
1着 アズキモザンビーク(馬主:あずき)
2着 シガー(システム)
ペース:M(1-6-3-0)
勝ち時計:2分01秒4(良)



勝ち時計の2分01秒4は優秀。
アスコットから遠征したアズキモザンビークが圧勝。


<BCターフ・競争成績>
第20S:10月4週 BCT 成績
1着 ルーンリトグラフ(馬主:閑人)
2着 ホーリックス(システム)
ペース:ややH(1-5-3-1)
勝ち時計:2分22秒1(良)



勝ち時計の2分22秒1は標準的。
アスコットから遠征したルーンリトグラフが圧勝。


<BCマイル・競争成績>
第20S:10月4週 BCM 成績
1着 ファニーライン(馬主:もんた)
2着 ポニーキャピトル(馬主:ひまわり)
ペース:(0-5-5-0)
勝ち時計:1分30秒5(良)



勝ち時計の1分30秒5は標準的。
アスコットから遠征したファニーラインが圧勝。
同じく遠征したポニーキャピトルは2着。


<BCスプリント・競争成績>
第20S:10月4週 BCT 成績
1着 アズキトリニダード(馬主:Azuki)
2着 オリエンテート(システム)
ペース:M(1-4-1-4)
勝ち時計:1分08秒8(良)



勝ち時計の1分08秒8は平凡。
アスコットから遠征したアズキトリニダードが圧勝。


今日の重賞予想は以下の通り。

Continue reading "第20S:11月1週@重賞予想"

| | Comments (0)

September 10, 2007

第20S:10月4週@重賞予想

今日は冨士S、菊花賞、BCシリーズが行われます。

では昨日の重賞成績。

<府中牝馬S・競争成績>
第20S:10月3週 府中牝馬S 成績
1着 フォレオプトイン(馬主:たけは)
2着 ラグラスタイム(馬主:鈴木B)
ペース:ややH(1-5-3-0)
勝ち時計:1分44秒3(良)



勝ち時計の1分44秒3は標準的。
勝ち馬フォレオプトインは重賞初制覇。
重賞では勝ち切れない競馬が続いていただけに嬉しい勝利。
相手関係に恵まれた点も良かったが能力を出し切った。
ただ、今後相手が強化されると苦しい感じは否めない。
2着馬ラグラスタイムは勝ち馬に僅差で敗退。
これだけ走れるとは思いもよらなかった。
斤量が軽かったのが最大限に味方したとしか思えない。


<デイリー杯2歳S・競争成績>
第20S:10月3週 デイリー杯2歳S 成績
1着 クロブギー(馬主:我妻涼)
2着 アズキアーチェス(馬主:あずき)
ペース:M(2-9-5-1)
勝ち時計:1分30秒4(稍重)



勝ち時計の1分30秒4は優秀。
勝ち馬クロブギーは重賞2勝目。
枠順不利の影響を受けながらも圧勝した内容は優秀。
年末のGⅠでは芝でもダートでも本命候補筆頭の存在になるだろう。
2着馬アズキアーチェスは勝ち馬に完敗。
前走から大幅な上積みを感じさせる内容。
これだけ走って負けたのなら仕方が無い。
ここは相手が悪かった。


<秋華賞・競争成績>
第20S:10月3週 秋華賞 成績
1着 シルキールンナ(馬主:ひさみん)
2着 ルフィジリバー(馬主:リッキー)
ペース:ややH(1-7-3-1)
勝ち時計:1分55秒5(良)



勝ち時計の1分55秒5は優秀。
勝ち馬シルキールンナはGⅠ初制覇。
前走から大幅な上積みを感じさせる内容。
若干展開が向かなかったが、ゴール前の激しい攻防を制した。
これが実力なら今後のGⅠでも本命候補の扱いが必要。
次走天皇賞秋に出走なら真価を問いたい。
2着馬ルフィジリバーは勝ち馬に僅差で敗退。
展開が向いて直線大外から伸びて来たが僅かに及ばなかった。
時計的には能力以上の走りをしただけに、これで負けたのなら仕方が無い。


<マイルCS南部杯・競争成績>
第20S:10月3週 マイルCS南部杯 成績
1着 ヴァニーユルージュ(馬主:吉野家のかづ)
2着 ラナリータ(馬主:祠堂小雪)
ペース:M(2-8-5-1)
勝ち時計:1分34秒7(良)



勝ち時計の1分34秒7は優秀。
勝ち馬ヴァニーユルージュはGⅠ初制覇。
距離延長に不安があったが見事に克服。
時計的にも優秀で1400mと同等の走りを見せた。
今後はダート短中路線で主役として活躍が見込める。
2着馬ラナリータは勝ち馬に僅差で敗退。
さきたま杯では枠順不利で負けたが、絶好枠の今回はきっちり巻き返してきた。
勝ち馬との能力差はほぼ互角。
次走以降再戦の機会があれば逆転の可能性も。


<白山大賞典・競争成績>
第20S:10月3週 白山大賞典 成績
1着 インフィニティア(馬主:ケイオウ)
2着 モコファイン(馬主:モコモコ)
ペース:M(1-8-5-1)
勝ち時計:2分01秒7(良)



勝ち時計の2分01秒7は優秀。
勝ち馬インフィニティアは重賞初制覇。
1800mの持ち時計を考慮するとこれだけ走れるとは思えなかった。
実力伯仲で混戦模様のメンバー構成という事もあったが良紛れの印象。
次走以降でどれだけ走れるか真価を問いたい。
2着馬モコファインは勝ち馬に完敗。
重賞でも連対経験がある馬で時計的には能力を出し切った感じ。
勝ち時計が予想以上の高速決着になったのが誤算だった。


今日の重賞予想は以下の通り。

Continue reading "第20S:10月4週@重賞予想"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ネタ馬&ドナ馬 | ライスシャワー大戦 | リンク先紹介 | 功労馬 | 厩舎情報 | 最強馬券王決定戦 | 第10S@厩舎情報 | 第10S@重賞予想 | 第11S@厩舎情報 | 第11S@重賞予想 | 第12S@厩舎情報 | 第12S@重賞予想 | 第13S@厩舎情報 | 第13S@重賞予想 | 第14S@厩舎情報 | 第14S@重賞予想 | 第15S@厩舎情報 | 第15S@重賞予想 | 第16S@厩舎情報 | 第16S@重賞予想 | 第17S@厩舎情報 | 第17S@重賞予想 | 第18S@厩舎情報 | 第18S@重賞予想 | 第19S@厩舎情報 | 第19S@重賞予想 | 第20S@厩舎情報 | 第20S@重賞予想 | 第21S@厩舎情報 | 第21S@重賞予想 | 第22S@厩舎情報 | 第22S@重賞予想 | 第23S@厩舎情報 | 第23S@重賞予想 | 第24S@厩舎情報 | 第24S@重賞予想 | 第25S@厩舎情報 | 第25S@重賞予想 | 第26S@厩舎情報 | 第26S@重賞予想 | 第27S@重賞予想 | 第28S@重賞予想 | 第29S@厩舎情報 | 第29S@重賞予想 | 第30S@厩舎情報 | 第30S@重賞予想 | 第31S@厩舎情報 | 第31S@重賞予想 | 第32S@厩舎情報 | 第32S@重賞予想 | 第33S@厩舎情報 | 第33S@重賞予想 | 第34S@厩舎情報 | 第34S@重賞予想 | 第35S@厩舎情報 | 第35S@重賞予想 | 第36S@厩舎情報 | 第36S@重賞予想 | 第36S@重賞出馬表&成績 | 第37S@重賞出馬表&成績 | 第38S@重賞出馬表&成績 | 重賞成績 | 雑感 | 馬券情報 | A様を破産に追い込め!